仮想通貨「Nxt」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨は、日本でも熱い注目を集めています。現在、数多くの仮想通貨が存在していますが、ビットコイン以外は知らないという人も少なくありません。PoSの仕組みに基づく高機能ブロックチェーンとして知られているのが、Nxtです。

PoSとは、仮想通貨の保有割合などに応じて、ハッシュ計算の優先権を与える方法で、Nxt以外にも採用されています。各ユーザーの余裕残高が、取引の承認に使われるので、Nxtを多く保有するほど、ブロックを生成する可能性が高くなります。早くからブロックチェーン上のアセット発行や分散取引などの機能が整備されており、昔からの根強いファンが多いです。仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれます。

分散型暗号通貨としては、ビットコインが有名ですが、2014年以降は第2世代と呼ばれる暗号通貨が登場しています。多くのメリットがある暗号通貨は、様々なところで利用されており、活用方法は人によって違います。
一部では投機の対象にもなっています。ブロックチェーン技術を活用すると、取引仲介業者がいなくても取引ができるため、大幅なコスト削減が可能となります。

暗号通貨は、これまで1000種類以上発行されていますが、Nxtは、ビットコインの後継コインと言われており、マイニングが不要です。そのため、採掘時に大量の電力を消費する必要がなく、マイニングを行うコインよりも環境に優しいと言われています。マイニングの代わりにforgingという方法が使われており、forgingによって多くのコインを保有し、新規に発行されるコインを与えられる可能性が高まります。Nextは、デジタル経済のインフラともなっており、アルトコインとして第2世界の暗号通貨として知られています。

分散型プロトコルで、P2P処理が行われるため、中央組織が必要ありません。ビットコインの場合、送金処理における問題がありました。アルトコインの多くが、ビットコインが持つ問題を解決するために、ビットコインのソースコードをマイナーチェンジしたものです。Nxtは、ビットコインのプロトコルの上に乗るのではなく、プラットフォームをはじめから作り上げてリリースしています。

既存の暗号通貨の欠点を克服しつつ、デジタル通貨としての様々な可能性に対応しているところに魅力を感じている人は多いです。供給量が限られているため、価値が下がらず、インフレーションが発生する心配もありません。

仮想通貨「Peercoin」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨「Peercoin(ピアコイン)」は、プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)を最初に導入した暗号通貨としても知られています。また、Peercoinは、最初の段階におけるコイン配付の方法として、PoW / PoS双方のハイブリッド型仮想通貨の仕様になっています。Peercoinは、2012年8月19日に公開され、アルゴリズムはSHA-256を利用しています。Peercoinのコイン発行上限は設けられておらず、ブロック生成間隔は約10分です。

Peercoinが採用しているプルーフ・オブ・ステークは、コインの保有量が多くなっており、長く保有している人ほどコインの採掘がしやすくなるメリットがあります。また、セキュリティ面でも優れた特性を持っており、エコロジカルでエネルギーをほとんど必要としないなど、様々な活用方法があります。ピアコインは、30日間コインを持っていないかぎり、PoSブロックの採掘が不可になっています。ただし、プルーフ・オブ・ステーク以外にもプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)も導入していることから、ピアコインを保有する利用者が多くなればなるほどプルーフ・オブ・ステークの比率が高まるスキームが取られています。

ピアコイン以外のほとんどの仮想通貨は、採掘者の報酬として取引手数料が設定されています。そのような中で、ピアコインについては、取引手数料が破棄されるという仕組みが採用されています。一方で、プルーフ・オブ・ステークでのコインの発行に量の制限を設けておらず、これによって採掘する人の報酬をメインテナンスしています。理論の上では、ピアコインは無限に発行することが可能で、ゲートウェイなどの取引所でだぶつき気味の仮想通貨であるインフレコインに分けられることがあります。しかしながら、取引手数料が破棄されることによって、ピアコインが無限に取引所に流通することを、歯止めする作用としています。

また、ピアコインは、セールス前にインサイダー取引などが行われる可能性がなく、安定的で安全な仮想通貨の一つに数えられています。2012年8月19日の公開以来、ピアコインについて大きな問題が起こっていません。ピアコイン・ウォレットを利用することで、保管や売買が簡単になり、携帯電話やスマートフォンにアプリケーションをインストールすることによって、誰でも使えるようになります。

仮想通貨「MasterCoin」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨「MasterCoin(マスターコイン)」は、同じ仮想通貨であるビットコインと互換性があることが最大のメリットです。ただし、ビットコインとは異なるルールで運営可能な独自のプラットフォームを持っています。また、すべての人が世界中どこにいても、利用可能なオープンソースのブロックチェーンになっています。

ビットコインの出資を行った人たちによって、仮想通貨「MasterCoin」を開発するための資金が集められました。MasterCoinに早い段階で出資を行った人に対して、リターンが大きくなるような仕組みを活用し、優秀なエンジニアも適切な報酬が得られるようなスキームも導入されています。このやり方によって、MasterCoinへの出資を行った人も、そこで働くエンジニアたちも、MasterCoinがよいものになれば、自分たちの報酬も上がるというインセンティブがかかり、瞬く間にマスターコインは世界の主要仮想通貨に上り詰めたのです。

マスターコインの活用方法はいろいろとありますが、ビットコインと互換性があるため、取引データに対して追加情報を書き込むことが可能な点があります。一方で、ビットコインの最大の問題の一つである「決済時間が長い」という負の遺産を、マスターコインは引き継いでいます。長い場合、決済時間に10分かかることもあります。また、マスターコインは非常に送金がしやすい仮想通貨ですが、送金時などに関して、少ないながらもビットコインを支払う必要があり、通貨発行などの機能の一部については、スパムを防ぐため、基軸通貨のOMNIが少しの額ですが必要になってしまうという難点があります。

マスターコインには、ユーザー独自通貨発行機能が付与されています。どんな人であっても、独自の通貨を発行することができる仕組みです。現在のところ、独自通貨保有者に対する配当機能などは整備されていません。また、マスターコインは、ビットコインとの互換性によって、独自通貨とOMNI、ビットコインとOMNI感の分散取引を行うことができます。ほとんどの暗号通貨には、この分散取引機能が付与されておらず、マスターコインの評価を上げている機能の一つになっています。マスターコインは、イーサリアムのような高度な手続きを行うことができません。マスターコインがビットコインと一蓮托生の状態にあることが影響しており、イーサリアムは様々な決済スクリプトを記載できます。

仮想通貨「Altcoin」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨「Altcoin(アルトコイン)」は、「alternative coin」の略であり、「(Bitcoinの)代わりに利用できるコイン」を意味しています。ビットコイン以外の仮想通貨や暗号通貨のことを、一般的にAltcoinと呼んでいます。世界中で、およそ1,000以上のAltcoinがあると言われていますが、仮想通貨として様々な活用方法があります。

Altcoinのほとんどはビットコインと同じ仕組みで利用できますが、それぞれにメリットがあります。ビットコイン以外の仮想通貨、暗号通貨がこれだけ拡大した理由は、ビットコインのプログラムがすべて公表されているためです。ビットコインの場合、中央で制御している管理者がいません。そのため、ビットコインのネットワーク・システムに入っているノードと言われるコンピューターに、プログラムと一つひとつインストールして稼働させる仕組みになっています。つまり、ビットコインのプログラミングを理解できるエンジニアであれば、ビットコイン以外の新しい暗号通貨や仮想通貨をオンライン上で作り出せることになります。世界で最も有名なアルトコインとして、イーサリアムとリップルがあります。

イーサリアムを利用する場合、業務やアプリなどをコンピューターの中に入れる際、あらかじめルールをビルトインすることができるため、第三者の仲介やモニタリングがなくても、執行できます。これがイーサリアムをつかうメリットで、世界中で普及した理由の一つでもあります。イーサリアムの利用方法としては、クラウドファンディングがあります。クラウドファンディングで資金調達をしようとすると、通常は業者に頼んでプロジェクトを行ってもらい、実際に調達できた金額から、一定額を業者に手数料として引かれ、その後の金額が借り手に渡されることになります。

しかし、イーサリアムのプログラム上にあるクラウドファンディングアプリは、業者や管理人、手数料を取る仲介人が存在していないのです。そのため、プログラミングされたイーサリアムのコンピューター・コードが、ルールに基づいて、借り手が目指している目標調達額の判断や適切で安全な資産の預かり、資金の分配などを自動的に行ってくれるのです。イーサリアムは、クラウドファンディングの世界で革命的なイノベーションを起こし、これまでは業者に頼んで高い手数料と時間をかけて行っていた資金調達を、個人ができるようにしたのです。

仮想通貨「REP」の活用方法や利用によるメリットについて

最近、仮想通貨やブロックチェーンが注目されています。ブロックチェーンは、ビットコインの中核的な技術として、金融業界の枠を超えて、様々な分野での活用が期待されています。これまでの、中央集権型ではなく、P2Pによる分散管理型の仕組みなので、取引履歴の記録がネットワークに参加しているコンピューターで分散管理されます。

そのため、改ざんなどの不正は、まず不可能なのです。各ブロックが、チェーンとして時系列でつながっており、データを改ざんしようと思った場合は、過去のブロックも改ざんしなくてはならないので、不正が難しいのです。
だからこそ、ブロックチェーンは信頼されているわけです。ブロックチェーンは、管理するサーバーが必要ないため、取引のコストが抑えられます。現在、パブリックブロックチェーンを使ったAUGURというプラットフォームがありますが、これは予測市場のためのプラットフォームです。

予測市場とは、未来に起こる出来事にお金を賭け、賭けに勝った方が配当を得ます。賭けというと、ブックメーカーが有名ですが、予測市場の場合、オッズもなければ、胴元もいません。
中央集権的な賭け事の場合、胴元が不公平な運営をする可能性もあります。しかし、AUGURは、誰でもが賭け事を作り、賭けることができるのです。そして、分散的に結果が判断され、自動的に配当が行われることで、予測市場の公正化も図られます。事実の認定にも分散型のシステムが使われ、予測が正しかった人には、配当が支払われます。未来予測市場と呼ばれているAUGURに投資する仮想通貨が、REPです。

仮想通貨には、様々なメリットがあります。そのため、人気も高く、多くの仮想通貨が存在します。REPは、2015年10月にICOが行われており、日本でも話題になりました。ICOというのは、仮想通貨の取引所で扱われるようになることです。取引所で扱われることで、誰でも売買ができるようになります。通貨単位はREPです。REPを保有していると、AUGURでの取引量に応じて配当を得ることができます。

現在、様々な人に利用されており、活用方法は人によって違います。REPを保有していることで、配当による利益だけでなく、値上がりによって譲渡益が出た場合、二重の利益を得ることも可能なのです。インターネット上には、多くの投資情報が溢れていますが、正しい情報をしっかりと集めて後悔しないように投資を行うことが大切です。

仮想通貨「BitCrystals」の活用方法や利用によるメリットについて

日本でも、仮想通貨に興味を持つ人が増えています。仮想通貨には、様々な種類があります。仮想通貨で有名なのがビットコインです。ビットコインは、貨幣のように形が存在しないため、仮想通貨やデジタル通貨と呼ばれているのです。

仮想通貨は、日本でも多くの人が利用している電子マネーとは違います。電子マネーは、発行元や管理先がありますが、ビットコインには発行先も管理先も存在しないのです。換金できるのも、ビットコインの大きな魅力のひとつです。ビットコインのブロックチェーン上に作られる分散型金融プラットフォームは、大きな注目を集めました。ビットコイン上で取引されるデータに追加の情報を書き込むことで、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームが実現できているのです。ブロックチェーンというのは、データ転送や商取引などの事実を記録して共有する技術です。

簡単に言えば、ネットワーク上の取引記録のことです。ネットワーク上で商取引やデータ転送が行われると、必ず記録が残りますが、この記録を参加」しているユーザーで共有する仕組みなのです。ブロックチェーンは、分散型ネットワークで、巨大なサーバーが必要ないので、コストも削減できます。分散型ネットワークは、改ざんが極めて難しく、その堅牢さも人気が高い理由のひとつです。利用者が多いビットコインのブロックチェーンを利用する分散型金融プラットフォームは、ビットコインの高度なセキュリティを利用できます。

ただ、一方で、送金が承認されるまで時間がかかるなどの制約もあります。最近注目されているBitCrystalsは、分散型金融プラットフォームで作られた通貨です。BitCrystalsの活用方法では、モバイルゲームで通貨として使われることが多いです。ただ、BitCrystalsは、モバイルゲーム内で通貨として使われるだけでなく、他の使い方もあります。

ゲーム内のカード情報をブロックチェーンで記録することによって、同じカードが作れなくなります。同じカードを作ることができなくなれば、レアカードのプレミア性を高めることができるというメリットがあるのです。BitCrystalsは、カードパックを購入したり、機能を拡張するためにも使うこともできます。最近では、BitCrystalsが使えるプリペイドクレジットカードも登場しています。アカウントにチャージして、現実通貨に換算されて、その残高内で使うことなります。

実際の店舗で使う場合は、デビッド型のクレジットカードと同じなので、気軽に簡単に使うことができます。

仮想通貨「BitCrystals」の活用方法や利用によるメリットについて

日本でも、仮想通貨に興味を持つ人が増えています。仮想通貨には、様々な種類があります。仮想通貨で有名なのがビットコインです。
ビットコインは、貨幣のように形が存在しないため、仮想通貨やデジタル通貨と呼ばれているのです。

仮想通貨は、日本でも多くの人が利用している電子マネーとは違います。
電子マネーは、発行元や管理先がありますが、ビットコインには発行先も管理先も存在しないのです。換金できるのも、ビットコインの大きな魅力のひとつです。
ビットコインのブロックチェーン上に作られる分散型金融プラットフォームは、大きな注目を集めました。

ビットコイン上で取引されるデータに追加の情報を書き込むことで、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームが実現できているのです。
ブロックチェーンというのは、データ転送や商取引などの事実を記録して共有する技術です。簡単に言えば、ネットワーク上の取引記録のことです。

ネットワーク上で商取引やデータ転送が行われると、必ず記録が残りますが、この記録を参加」しているユーザーで共有する仕組みなのです。ブロックチェーンは、分散型ネットワークで、巨大なサーバーが必要ないので、コストも削減できます。分散型ネットワークは、改ざんが極めて難しく、その堅牢さも人気が高い理由のひとつです。利用者が多いビットコインのブロックチェーンを利用する分散型金融プラットフォームは、ビットコインの高度なセキュリティを利用できます。

ただ、一方で、送金が承認されるまで時間がかかるなどの制約もあります。最近注目されているBitCrystalsは、分散型金融プラットフォームで作られた通貨です。BitCrystalsの活用方法では、モバイルゲームで通貨として使われることが多いです。ただ、BitCrystalsは、モバイルゲーム内で通貨として使われるだけでなく、他の使い方もあります。
ゲーム内のカード情報をブロックチェーンで記録することによって、同じカードが作れなくなります。

同じカードを作ることができなくなれば、レアカードのプレミア性を高めることができるというメリットがあるのです。BitCrystalsは、カードパックを購入したり、機能を拡張するためにも使うこともできます。
最近では、BitCrystalsが使えるプリペイドクレジットカードも登場しています。アカウントにチャージして、現実通貨に換算されて、その残高内で使うことなります。実際の店舗で使う場合は、デビッド型のクレジットカードと同じなので、気軽に簡単に使うことができます。

仮想通貨「LISK」の活用方法や利用によるメリットについて

実際の国が発行している通貨ではないものの、現金と同じような感覚で商品の購入や送金などの目的で使えるようになっている仮想通貨のひとつがLISKです。LISKの最大の特徴はサイドチェーンを使用していることであり、仮想通貨取引における性能や処理能力の向上が顕著に見られるといった傾向があります。つまり複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りをスムーズに、そしてバグの発生をほぼ心配することなく行えるということなので安全性が高いといった点が大勢から評価されているとも言えるでしょう。また他にはない特色として総発行枚数が無限となっており、インフレ通貨としての特性も併せ持っています。
 
ではLISKを利用することで得られるメリットや活用方法とは具体的にどのようなものなのかというと、まず真っ先に挙げられるのが価格上昇時に日本円に変換することで為替取引と同じような収益が得られるといった点です。LISKが発行され始めてから価格が上昇傾向にある仮想通貨ですので、ある程度まとまった額を購入しておき更なる高値になるまで待ってから売却すれば、何の努力もなしに資産運用が出来るようになります。実際この方法で通貨取引を行っている方が大半なので記憶しておいて損はないでしょう。
また送金手数料がかからないといった部分も大きなメリットだと言えます。例えば日本円を外貨に変えて外国にいる家族に送金しようとすると、為替手数料と送金手数料で結構な金額が取られてしまいます。ですが仮想通貨特有のインターネット送金システムを有効活用すればこれらの無駄な手数料をかけずに、または最小限の出費で済ませられるようになっているのです。地方銀行や信用金庫などを利用して同じような送金を行うのに比べれば圧倒的に節約になりますので、毎月のように国内送金や海外送金を繰り返している方は利用を検討してみるといいでしょう。
 
LISKと売買を行っている取引所の数は決して多いとは言えません。ただ大手の取引所で取り扱われており、消費者からの評判もいいものが多くなっていますので通貨詐欺の心配を持つ必要は皆無だと言えるでしょう。
パートナーシップを結んでいる他の暗号通貨取引先や連携先も少なくありません。そして承認スピードの速さや承認システムのカスタマイズの容易さでも定評がありますので、機能や人気の言語を使用できるかなど使い勝手の良さを重視する消費者の方なら気に入る要素が備わっているものと捉えておいてください。

仮想通貨「Peercoin」の活用方法や利用によるメリットについて

Peercoin(ピアコイン)は、最初にProof of Stake(プルーフオブステーク)を導入した暗号通貨であり仮想通貨で、初期段階でのコイン配布のツールとして、同時にProof of Work(プルーフオブワーク)も採用したProof of Work(プルーフオブワーク)とProof of Stake(プルーフオブステーク)のハイブリッドタイプの通貨です。

公開されたのは2012年で、アルゴリズムはSHA-256を使用しており、コイン発行の上限は決められていません。開始時のブロック報酬は保有量の約1%で、ブロック生成間隔は約10分で、Difficulty(ディフィカルティ)調整は1ブロック毎に行われています。Proof of Stake(プルーフオブステーク)はコインを保有する量が多く、長く保有すればするほどより採掘(マイニング)がしやすくなるシステムのことであり、51%攻撃などに対してセキュリティ面において優れていたり、エネルギーを消費することがほとんどなく非常にエコであるというメリットがあります。

利子というイメージに近いですが、本質的にProof of Work(プルーフオブワーク)におけるマイニングと同じ、コイン保有量や期間が大きいほどdifficulty(ディフィカルティ)が低下するというハッシュ計算であるため、年率1%という値は期待値なので、多少変化はあります。Peercoinの場合、最低30日間コインを保有していないと、Proof of Stake(プルーフオブステーク)ブロックのマイニングはできないのが特徴です。Proof of Stake(プルーフオブステーク)の他にも、同時にProof of Work(プルーフオブワーク)も採用しているので、ユーザーが増えれば増えるほどProof of Stake(プルーフオブステーク)の割合が多くなるというシステムになっています。

他の種類の仮想通貨では、取引手数料はマイニングする人の報酬になる場合がありますが、Peercoinでは取引手数料が破棄されており、その代わりにProof of Stake(プルーフオブステーク)におけるコインの発行量の上限を無限にするという活用方法によって、マイニングする人の報酬を維持しているのです。コインの発行量の上限がないので、Peercoinはインフレ通貨に区分されてしまいますが、同時に取引手数料の破棄はインフレを抑制する力として利用されることになります。

仮想通貨「c0ban」の活用方法や利用によるメリットについて

d19622-1-682795-4

仮想通貨サービスは2017年現在国内ではまだ浸透しきっていないサービスであるため、数多く存在する通貨のメリットを把握した上で利用する事をお勧めします。
数ある中で最も注目されている仮想通貨は現在c0banです。

c0banについての解説

この通貨のメリットは大きく分けてシステム構成から得られるメリットと、利用の際に獲得できるメリットが分かれており中でもシステム構成に関する利点は多くの方に注目されています。
まずc0banのシステムは通貨を扱うという仕様上分散型のシステムを採用して、セキュリティレベルを限りなく高いレベルにしました。これによって使用する事で個人情報の漏洩や、取引アカウントの乗っ取りができなくなっているので安全に取引を行う事ができます。今流行のブロックチェーンシステムはこの事を指し、仮想通貨サービスでは必須ともいうべきシステムの一つです。

ブロックチェーンはブロックと呼ばれているレコードが記憶されるごとに増加していくデータベースを指し、各ブロックには他のブロックとのアクセスを円滑にするためにタイムスタンプと前のブロックへのリンクを設置しています。
そのため分散していても各ブロックに記憶されたデータを即座に閲覧する事ができ、それぞれのブロックはデーターの改ざんができないような仕組みになっているのでブロック一つを閲覧して内容を変更するといった事ができないようになっています。そのため一度記憶通貨の取引データ等を記憶してしまえばユーザーから意図的な変更やシステムへの干渉ができないため、不正取引を行えない取引システムとして使用できます。

ブロックチェーンの活用方法としては主にP2Pネットワークと分散型のサーバー設置し、自律活動による管理を行わせるような方法をとっています。
P2Pで取引を行う事になるため円滑な取引を行う事ができる上に、サーバー上に保存された取引データは容易に改ざんできない仕組みであるためこれ以上ない程のセキュリティレベルの高さを維持できるようになっています。この様に強固なセキュリティが評判となっているので、通貨サービス以外にも使用されている状況に発展しているのと同時にそれを利用した通貨取引を行うお店等からも好評価を獲得しているので、通貨が使用できる範囲も現在では非常に広くなっている状況です。

c0banの仕組み

次にc0banの具体的な取引の仕組みについてですが、ブロックチェーンそのものは専用データセンターとは別に設立する形にして専用データセンターにてアカウント管理や通貨制御を行うようなシステムになっています。

そして機密性の高いデータに関しては秘密鍵管理という別のセクションを設け、取引所とのアクセスしかできない様にしています。なのでブロックチェーンを介してアクセスする事も出来ませんし、取引所にユーザーがアクセスするためにはアカウント制御機構からアクセスしなければならないため意図的なデータの改ざんは事実上不可能になっています。アカウントシステムに関してはスマートフォンの取引アプリやウェブウォレット等のシステムとも連携しているので、ログインさえ行えばパソコンでもスマートフォンでも取引が可能という仕組みです。

これらシステムを秘密鍵管理間と自由にアクセスができる専用回線を使って管理を行うので、セキュリティが心配という方でも気軽に仮想通貨が利用できます。

c0banの利点

次は反対にユーザー視点から見たc0ban利点についてです。まず使用する際の利点としてコンテンツ提供に関するサービスと密接な関係性にあるという点が注目を浴びています。
具体的な動画コンテンツに関して使用されている事が多く、コンテンツを閲覧するだけで通貨が入手できるという手軽さという点が大きな利点です。
そしてこの動画コンテンツに関しても非常に考えて作られており、コンテンツを評価する事でさらに次のコンテンツを閲覧する事ができそこでも通貨が獲得できるようになっています。なので空き時間に通貨を少しでも獲得し利用できる実店舗での買い物で使用し節約を行うといった事ができるのです。動画コンテンツの提供に参加している企業は人間に必要な衣食住の三大コンテンツになっているので、自分が興味のないコンテンツを永遠と見せられるといった事態になる事はありません。

特に焼肉屋さんの動画に関しては毎回美味しそうなメニューを数多く紹介してくれるので、会社や街の自治会の宴会等で使う会場を探し会費の削減や会場を探す手間を省くといった活用方法もする事ができます。
コンテンツを閲覧する際に他のコンテンツ配信サービスの様に、一部しか閲覧できないのではと心配する方もいますが閲覧できる全てのコンテンツは全て100パーセント閲覧できるようになっているので、中途半端に終わって情報として役に立たないといった事態になりません。コンテンツを100パーセント閲覧できるというメリットは消費者だけでなく、サービスを設置した側にも利点がある点も無視できません。

例えばコンテンツを途中までの配信にしてしまうとそのコンテンツそんなに興味がない人がそれ以上の情報検索を行わなくなり、コンテンツを配信した企業側は機会ロスとして顧客獲得のチャンスを逃す事になる可能性があります。
しかしコンテンツを100パーセント配信する事で全てを閲覧した上でそのお店で獲得した通貨を使用するかどうかを決めてもらえるため、購入してもらえればそれだけ商品に興味があるという事になるためリピーターになってもらえる確率が非常に高いのです。なのでこの通貨の活用方法としてはただ単純に通貨の支払いを便利にするわけではなく、新たな購入層の開拓といった隠された営業戦略を行うという点が多くの企業から注目されています。

現在存在するスポンサーの多くはより多くの顧客を獲得するよりも、確実に定期的な商品購入をしてもらえる方を獲得したいと考えています。
そのため通貨の使用層が充実している通貨にスポンサー等が付く傾向が強く、それによって使用できる実店舗も増えてくるので設置する際にはコンテンツ配信に関する仕組みを工夫する必要があります。

通貨システム側で用意されていて便利な仕組みと言えば他には通貨のキャッシュバック機能が多くの人に注目されています。
この通貨を店舗に導入しこの仮想通貨で顧客が決済を行った場合、通貨が戻ってくるのです。
そして戻ってきた通貨を動画コンテンツ閲覧の特典としてもつけられるので、間接的に宣伝コストを削減した活用方法をしている事になります。

魅力的なこのシステムを有効活用するには勿論優良顧客の存在が必要不可欠なので、コンテンツ作成の重要度の高さはこの状況を見ても改めて確認する事ができます。
ここまでコンテンツ作成が重要な通貨として運営しているには近年のインターネットの普及率が大きく関係しています。
従来ではインターネットで動画を閲覧するとなると容量の関係からパソコンでなければ閲覧できませんでした。

しかし現代では小型の通信端末でも高速通信回線を使用できるので、手軽にコンテンツを閲覧できる環境になっています。
そのためこの環境を有効活用した通貨は現代の人の生活習慣に非常にマッチしていると言え、c0banの注目度も一層高くなっているのです。
この注目はさらなる優良顧客獲得への道になるので、導入側の視点と消費者視点から見ても使用できる環境を獲得しておくべき通貨サービスであると言えます。

未来のお金c0banセミナー

LastRootsとは2016年6月2日に設立され、世界中から400社もの企業が応募した金融庁と日本経済新聞が主催のフィンテックサミットにてIBM Blue hub賞を受賞した経験を持つ小林慎和を代表取締役CEOとした株式会社です。

その経営内容は、c0banという和製・仮想通貨を活用したサービスを主としています。c0banはブロックチェーン技術を活用した暗号通貨、デジタル通貨とも呼ばれている仮想通貨です。

では、そのブロックチェーン技術とはどのようなものなのでしょうか。ブロックチェーンはインターネットに続く革新的な技術とされており、分散ネットワークからなる公開型分散台帳システムとなっています。

公開型分散台帳システムとしてノードと呼ばれる各サーバ上に蓄積されている情報の中でいち単位をブロックし、そのブロックが連続し紐付いた形で保存されているもの、それがブロックチェーン技術なのです。

LastRootsが設立された6ヶ月後の2016年12月にそのブロックチェーンは始動され、全世界での分散ネットワークへと拡大しつつあるのです。そうして開始されたc0banはパブリックブロックチェーンとして設計がなされていましたが、2017年の夏には本格的なオープンソース化が始まることになっています。

そんな仮想通貨c0banに関する講演会をLastRootsは2017年の4月28日に開催しました。決済ビジネスのプロフェッショナルを招き、関西大学の生徒たちに未来の通貨となるc0banについてぜひ知ってもらいたいという思いから、未来のお金「c0ban」新・和製仮想通貨講演会と称して関西大学にて講演を行ったのです。

講演会では、c0banの誕生した経緯や現在での使われ方、cobanのブロックチェーン技術を活用した人材登用サービスや広告サービス、店舗での決済手段や送金手段を紹介し、決済手数料を今の10分の1以下を目指した決済ソリューションを展開していることなどを講演し、c0banについて積極的に理解してもらえるようにしたのです。

このように、積極的に仮想通貨であるc0banを生み出し、理解を広め、仮想通貨世界を変革するようなルーツをこれからも編み出し続けて、いずれは最後のルーツと呼ばれるようなサービスを提供したいと考えている会社、それがLastRootsという会社なのです。