仮想通貨「c0ban」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨サービスは2017年現在国内ではまだ浸透しきっていないサービスであるため、数多く存在する通貨のメリットを把握した上で利用する事をお勧めします。
数ある中で最も注目されている仮想通貨は現在c0banです。

c0banについての解説

この通貨のメリットは大きく分けてシステム構成から得られるメリットと、利用の際に獲得できるメリットが分かれており中でもシステム構成に関する利点は多くの方に注目されています。
まずc0banのシステムは通貨を扱うという仕様上分散型のシステムを採用して、セキュリティレベルを限りなく高いレベルにしました。これによって使用する事で個人情報の漏洩や、取引アカウントの乗っ取りができなくなっているので安全に取引を行う事ができます。今流行のブロックチェーンシステムはこの事を指し、仮想通貨サービスでは必須ともいうべきシステムの一つです。

ブロックチェーンはブロックと呼ばれているレコードが記憶されるごとに増加していくデータベースを指し、各ブロックには他のブロックとのアクセスを円滑にするためにタイムスタンプと前のブロックへのリンクを設置しています。
そのため分散していても各ブロックに記憶されたデータを即座に閲覧する事ができ、それぞれのブロックはデーターの改ざんができないような仕組みになっているのでブロック一つを閲覧して内容を変更するといった事ができないようになっています。そのため一度記憶通貨の取引データ等を記憶してしまえばユーザーから意図的な変更やシステムへの干渉ができないため、不正取引を行えない取引システムとして使用できます。

ブロックチェーンの活用方法としては主にP2Pネットワークと分散型のサーバー設置し、自律活動による管理を行わせるような方法をとっています。
P2Pで取引を行う事になるため円滑な取引を行う事ができる上に、サーバー上に保存された取引データは容易に改ざんできない仕組みであるためこれ以上ない程のセキュリティレベルの高さを維持できるようになっています。この様に強固なセキュリティが評判となっているので、通貨サービス以外にも使用されている状況に発展しているのと同時にそれを利用した通貨取引を行うお店等からも好評価を獲得しているので、通貨が使用できる範囲も現在では非常に広くなっている状況です。

c0banの仕組み

次にc0banの具体的な取引の仕組みについてですが、ブロックチェーンそのものは専用データセンターとは別に設立する形にして専用データセンターにてアカウント管理や通貨制御を行うようなシステムになっています。

そして機密性の高いデータに関しては秘密鍵管理という別のセクションを設け、取引所とのアクセスしかできない様にしています。なのでブロックチェーンを介してアクセスする事も出来ませんし、取引所にユーザーがアクセスするためにはアカウント制御機構からアクセスしなければならないため意図的なデータの改ざんは事実上不可能になっています。アカウントシステムに関してはスマートフォンの取引アプリやウェブウォレット等のシステムとも連携しているので、ログインさえ行えばパソコンでもスマートフォンでも取引が可能という仕組みです。

これらシステムを秘密鍵管理間と自由にアクセスができる専用回線を使って管理を行うので、セキュリティが心配という方でも気軽に仮想通貨が利用できます。

c0banの利点

次は反対にユーザー視点から見たc0ban利点についてです。まず使用する際の利点としてコンテンツ提供に関するサービスと密接な関係性にあるという点が注目を浴びています。
具体的な動画コンテンツに関して使用されている事が多く、コンテンツを閲覧するだけで通貨が入手できるという手軽さという点が大きな利点です。
そしてこの動画コンテンツに関しても非常に考えて作られており、コンテンツを評価する事でさらに次のコンテンツを閲覧する事ができそこでも通貨が獲得できるようになっています。なので空き時間に通貨を少しでも獲得し利用できる実店舗での買い物で使用し節約を行うといった事ができるのです。動画コンテンツの提供に参加している企業は人間に必要な衣食住の三大コンテンツになっているので、自分が興味のないコンテンツを永遠と見せられるといった事態になる事はありません。

特に焼肉屋さんの動画に関しては毎回美味しそうなメニューを数多く紹介してくれるので、会社や街の自治会の宴会等で使う会場を探し会費の削減や会場を探す手間を省くといった活用方法もする事ができます。
コンテンツを閲覧する際に他のコンテンツ配信サービスの様に、一部しか閲覧できないのではと心配する方もいますが閲覧できる全てのコンテンツは全て100パーセント閲覧できるようになっているので、中途半端に終わって情報として役に立たないといった事態になりません。コンテンツを100パーセント閲覧できるというメリットは消費者だけでなく、サービスを設置した側にも利点がある点も無視できません。

例えばコンテンツを途中までの配信にしてしまうとそのコンテンツそんなに興味がない人がそれ以上の情報検索を行わなくなり、コンテンツを配信した企業側は機会ロスとして顧客獲得のチャンスを逃す事になる可能性があります。
しかしコンテンツを100パーセント配信する事で全てを閲覧した上でそのお店で獲得した通貨を使用するかどうかを決めてもらえるため、購入してもらえればそれだけ商品に興味があるという事になるためリピーターになってもらえる確率が非常に高いのです。なのでこの通貨の活用方法としてはただ単純に通貨の支払いを便利にするわけではなく、新たな購入層の開拓といった隠された営業戦略を行うという点が多くの企業から注目されています。

現在存在するスポンサーの多くはより多くの顧客を獲得するよりも、確実に定期的な商品購入をしてもらえる方を獲得したいと考えています。
そのため通貨の使用層が充実している通貨にスポンサー等が付く傾向が強く、それによって使用できる実店舗も増えてくるので設置する際にはコンテンツ配信に関する仕組みを工夫する必要があります。

通貨システム側で用意されていて便利な仕組みと言えば他には通貨のキャッシュバック機能が多くの人に注目されています。
この通貨を店舗に導入しこの仮想通貨で顧客が決済を行った場合、通貨が戻ってくるのです。
そして戻ってきた通貨を動画コンテンツ閲覧の特典としてもつけられるので、間接的に宣伝コストを削減した活用方法をしている事になります。

魅力的なこのシステムを有効活用するには勿論優良顧客の存在が必要不可欠なので、コンテンツ作成の重要度の高さはこの状況を見ても改めて確認する事ができます。
ここまでコンテンツ作成が重要な通貨として運営しているには近年のインターネットの普及率が大きく関係しています。
従来ではインターネットで動画を閲覧するとなると容量の関係からパソコンでなければ閲覧できませんでした。

しかし現代では小型の通信端末でも高速通信回線を使用できるので、手軽にコンテンツを閲覧できる環境になっています。
そのためこの環境を有効活用した通貨は現代の人の生活習慣に非常にマッチしていると言え、c0banの注目度も一層高くなっているのです。
この注目はさらなる優良顧客獲得への道になるので、導入側の視点と消費者視点から見ても使用できる環境を獲得しておくべき通貨サービスであると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です