仮想通貨「Nxt」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨は、日本でも熱い注目を集めています。現在、数多くの仮想通貨が存在していますが、ビットコイン以外は知らないという人も少なくありません。PoSの仕組みに基づく高機能ブロックチェーンとして知られているのが、Nxtです。

PoSとは、仮想通貨の保有割合などに応じて、ハッシュ計算の優先権を与える方法で、Nxt以外にも採用されています。各ユーザーの余裕残高が、取引の承認に使われるので、Nxtを多く保有するほど、ブロックを生成する可能性が高くなります。早くからブロックチェーン上のアセット発行や分散取引などの機能が整備されており、昔からの根強いファンが多いです。仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれます。

分散型暗号通貨としては、ビットコインが有名ですが、2014年以降は第2世代と呼ばれる暗号通貨が登場しています。多くのメリットがある暗号通貨は、様々なところで利用されており、活用方法は人によって違います。
一部では投機の対象にもなっています。ブロックチェーン技術を活用すると、取引仲介業者がいなくても取引ができるため、大幅なコスト削減が可能となります。

暗号通貨は、これまで1000種類以上発行されていますが、Nxtは、ビットコインの後継コインと言われており、マイニングが不要です。そのため、採掘時に大量の電力を消費する必要がなく、マイニングを行うコインよりも環境に優しいと言われています。マイニングの代わりにforgingという方法が使われており、forgingによって多くのコインを保有し、新規に発行されるコインを与えられる可能性が高まります。Nextは、デジタル経済のインフラともなっており、アルトコインとして第2世界の暗号通貨として知られています。

分散型プロトコルで、P2P処理が行われるため、中央組織が必要ありません。ビットコインの場合、送金処理における問題がありました。アルトコインの多くが、ビットコインが持つ問題を解決するために、ビットコインのソースコードをマイナーチェンジしたものです。Nxtは、ビットコインのプロトコルの上に乗るのではなく、プラットフォームをはじめから作り上げてリリースしています。

既存の暗号通貨の欠点を克服しつつ、デジタル通貨としての様々な可能性に対応しているところに魅力を感じている人は多いです。供給量が限られているため、価値が下がらず、インフレーションが発生する心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です