仮想通貨「Peercoin」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨「Peercoin(ピアコイン)」は、プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)を最初に導入した暗号通貨としても知られています。また、Peercoinは、最初の段階におけるコイン配付の方法として、PoW / PoS双方のハイブリッド型仮想通貨の仕様になっています。Peercoinは、2012年8月19日に公開され、アルゴリズムはSHA-256を利用しています。Peercoinのコイン発行上限は設けられておらず、ブロック生成間隔は約10分です。

Peercoinが採用しているプルーフ・オブ・ステークは、コインの保有量が多くなっており、長く保有している人ほどコインの採掘がしやすくなるメリットがあります。また、セキュリティ面でも優れた特性を持っており、エコロジカルでエネルギーをほとんど必要としないなど、様々な活用方法があります。ピアコインは、30日間コインを持っていないかぎり、PoSブロックの採掘が不可になっています。ただし、プルーフ・オブ・ステーク以外にもプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)も導入していることから、ピアコインを保有する利用者が多くなればなるほどプルーフ・オブ・ステークの比率が高まるスキームが取られています。

ピアコイン以外のほとんどの仮想通貨は、採掘者の報酬として取引手数料が設定されています。そのような中で、ピアコインについては、取引手数料が破棄されるという仕組みが採用されています。一方で、プルーフ・オブ・ステークでのコインの発行に量の制限を設けておらず、これによって採掘する人の報酬をメインテナンスしています。理論の上では、ピアコインは無限に発行することが可能で、ゲートウェイなどの取引所でだぶつき気味の仮想通貨であるインフレコインに分けられることがあります。しかしながら、取引手数料が破棄されることによって、ピアコインが無限に取引所に流通することを、歯止めする作用としています。

また、ピアコインは、セールス前にインサイダー取引などが行われる可能性がなく、安定的で安全な仮想通貨の一つに数えられています。2012年8月19日の公開以来、ピアコインについて大きな問題が起こっていません。ピアコイン・ウォレットを利用することで、保管や売買が簡単になり、携帯電話やスマートフォンにアプリケーションをインストールすることによって、誰でも使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です