仮想通貨「Altcoin」の活用方法や利用によるメリットについて

仮想通貨「Altcoin(アルトコイン)」は、「alternative coin」の略であり、「(Bitcoinの)代わりに利用できるコイン」を意味しています。ビットコイン以外の仮想通貨や暗号通貨のことを、一般的にAltcoinと呼んでいます。世界中で、およそ1,000以上のAltcoinがあると言われていますが、仮想通貨として様々な活用方法があります。

Altcoinのほとんどはビットコインと同じ仕組みで利用できますが、それぞれにメリットがあります。ビットコイン以外の仮想通貨、暗号通貨がこれだけ拡大した理由は、ビットコインのプログラムがすべて公表されているためです。ビットコインの場合、中央で制御している管理者がいません。そのため、ビットコインのネットワーク・システムに入っているノードと言われるコンピューターに、プログラムと一つひとつインストールして稼働させる仕組みになっています。つまり、ビットコインのプログラミングを理解できるエンジニアであれば、ビットコイン以外の新しい暗号通貨や仮想通貨をオンライン上で作り出せることになります。世界で最も有名なアルトコインとして、イーサリアムとリップルがあります。

イーサリアムを利用する場合、業務やアプリなどをコンピューターの中に入れる際、あらかじめルールをビルトインすることができるため、第三者の仲介やモニタリングがなくても、執行できます。これがイーサリアムをつかうメリットで、世界中で普及した理由の一つでもあります。イーサリアムの利用方法としては、クラウドファンディングがあります。クラウドファンディングで資金調達をしようとすると、通常は業者に頼んでプロジェクトを行ってもらい、実際に調達できた金額から、一定額を業者に手数料として引かれ、その後の金額が借り手に渡されることになります。

しかし、イーサリアムのプログラム上にあるクラウドファンディングアプリは、業者や管理人、手数料を取る仲介人が存在していないのです。そのため、プログラミングされたイーサリアムのコンピューター・コードが、ルールに基づいて、借り手が目指している目標調達額の判断や適切で安全な資産の預かり、資金の分配などを自動的に行ってくれるのです。イーサリアムは、クラウドファンディングの世界で革命的なイノベーションを起こし、これまでは業者に頼んで高い手数料と時間をかけて行っていた資金調達を、個人ができるようにしたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です