仮想通貨「BitCrystals」の活用方法や利用によるメリットについて

日本でも、仮想通貨に興味を持つ人が増えています。仮想通貨には、様々な種類があります。仮想通貨で有名なのがビットコインです。ビットコインは、貨幣のように形が存在しないため、仮想通貨やデジタル通貨と呼ばれているのです。

仮想通貨は、日本でも多くの人が利用している電子マネーとは違います。電子マネーは、発行元や管理先がありますが、ビットコインには発行先も管理先も存在しないのです。換金できるのも、ビットコインの大きな魅力のひとつです。ビットコインのブロックチェーン上に作られる分散型金融プラットフォームは、大きな注目を集めました。ビットコイン上で取引されるデータに追加の情報を書き込むことで、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームが実現できているのです。ブロックチェーンというのは、データ転送や商取引などの事実を記録して共有する技術です。

簡単に言えば、ネットワーク上の取引記録のことです。ネットワーク上で商取引やデータ転送が行われると、必ず記録が残りますが、この記録を参加」しているユーザーで共有する仕組みなのです。ブロックチェーンは、分散型ネットワークで、巨大なサーバーが必要ないので、コストも削減できます。分散型ネットワークは、改ざんが極めて難しく、その堅牢さも人気が高い理由のひとつです。利用者が多いビットコインのブロックチェーンを利用する分散型金融プラットフォームは、ビットコインの高度なセキュリティを利用できます。

ただ、一方で、送金が承認されるまで時間がかかるなどの制約もあります。最近注目されているBitCrystalsは、分散型金融プラットフォームで作られた通貨です。BitCrystalsの活用方法では、モバイルゲームで通貨として使われることが多いです。ただ、BitCrystalsは、モバイルゲーム内で通貨として使われるだけでなく、他の使い方もあります。

ゲーム内のカード情報をブロックチェーンで記録することによって、同じカードが作れなくなります。同じカードを作ることができなくなれば、レアカードのプレミア性を高めることができるというメリットがあるのです。BitCrystalsは、カードパックを購入したり、機能を拡張するためにも使うこともできます。最近では、BitCrystalsが使えるプリペイドクレジットカードも登場しています。アカウントにチャージして、現実通貨に換算されて、その残高内で使うことなります。

実際の店舗で使う場合は、デビッド型のクレジットカードと同じなので、気軽に簡単に使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です