仮想通貨「Peercoin」の活用方法や利用によるメリットについて

Peercoin(ピアコイン)は、最初にProof of Stake(プルーフオブステーク)を導入した暗号通貨であり仮想通貨で、初期段階でのコイン配布のツールとして、同時にProof of Work(プルーフオブワーク)も採用したProof of Work(プルーフオブワーク)とProof of Stake(プルーフオブステーク)のハイブリッドタイプの通貨です。

公開されたのは2012年で、アルゴリズムはSHA-256を使用しており、コイン発行の上限は決められていません。開始時のブロック報酬は保有量の約1%で、ブロック生成間隔は約10分で、Difficulty(ディフィカルティ)調整は1ブロック毎に行われています。Proof of Stake(プルーフオブステーク)はコインを保有する量が多く、長く保有すればするほどより採掘(マイニング)がしやすくなるシステムのことであり、51%攻撃などに対してセキュリティ面において優れていたり、エネルギーを消費することがほとんどなく非常にエコであるというメリットがあります。

利子というイメージに近いですが、本質的にProof of Work(プルーフオブワーク)におけるマイニングと同じ、コイン保有量や期間が大きいほどdifficulty(ディフィカルティ)が低下するというハッシュ計算であるため、年率1%という値は期待値なので、多少変化はあります。Peercoinの場合、最低30日間コインを保有していないと、Proof of Stake(プルーフオブステーク)ブロックのマイニングはできないのが特徴です。Proof of Stake(プルーフオブステーク)の他にも、同時にProof of Work(プルーフオブワーク)も採用しているので、ユーザーが増えれば増えるほどProof of Stake(プルーフオブステーク)の割合が多くなるというシステムになっています。

他の種類の仮想通貨では、取引手数料はマイニングする人の報酬になる場合がありますが、Peercoinでは取引手数料が破棄されており、その代わりにProof of Stake(プルーフオブステーク)におけるコインの発行量の上限を無限にするという活用方法によって、マイニングする人の報酬を維持しているのです。コインの発行量の上限がないので、Peercoinはインフレ通貨に区分されてしまいますが、同時に取引手数料の破棄はインフレを抑制する力として利用されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です